iso取得と費用|ISO14001資格を取得するために!コンサルの力は絶大
男の人

ISO14001資格を取得するために!コンサルの力は絶大

iso取得と費用

レディ

isoとは国際標準化機構のことです。国際間の取引をスムーズにするために世界共通の基準を決めることを目的としています。この機関が定めているのがiso規格と呼ばれるものです。規格は番号によって整理されており、その種類も多いです。企業の業種により取得傾向は各々違いがありますが、isoの種類は業種別に分かれているわけではなく企業が取得を行うことで何がしたいのかというような目的によって分かれています。isoは国際規格ですが、諸外国との取引がある企業だけに関係があるわけではありません。世界中の誰もが規格を利用できるように、内容自体は汎用的なものになっています。取得を目指す各々の企業に、顧客に対しての対応方法を決めることが求められているのです。「他社が決めたルールや作ったシステムを自社でも取り入れる」わけではなく、「自社にあったシステムを作る」ことがiso構築には重要なことなのです。

取得には規格の文面からしっかりと内容を汲み取ることが大切なのです。規格が何を要求しているのかを理解し、それを企業のルールに応用していく規格の解釈が出来るかどうかが最も必要なことです。難しいことも多く企業だけで取得を目指すことが困難な場合、isoコンサルに依頼して運用支援を行ってもらうと良いです。難しい専門的な内容を説明してくれ、既存のシステムやルールなどを確認したうえでisoシステムを構築し、マニュアル作成を行ってくれます。こうして出来たマニュアルを実際に運用することでさらに完成に近づけてくれますし、認証取得審査までバックアップしてくれます。システム構築までを依頼したい場合とシステム運用までを依頼することでコンサル費用は変わってきます。構築だけを依頼する場合、費用は一般的には100万から200万円台は掛かるとされています。運用に関しては1日単位で実施するケースが多いことから10万円前後が相場とされています。コンサル料は請け負うところによって違いもあるため、実績や信頼性を考慮して吟味することも大切です。